提供: EELの自由帳
移動先: 案内検索

はじめに

Linuxディストリビューションのひとつである CentOS 8 で自宅サーバーを構築した記録です。
CentOS 8 が公開されたので、自宅サーバー3号機を使って構築していきます。

  • ホスト名やドメイン名、IPアドレスは各自の環境に置き換えてください。
  • 各ページのソフトのバージョンは、当サイトで確認をとった時点のものであり、最新版の有無は適宜確認してください。

コンテンツ

インストール

画像を取り損ねましたので、他の方の記事を、参考にしてください。

ソフトウェア RARD1 でインストルしました。

初期設定

  1. 一般ユーザー追加・削除・パスワード変更(CentOS8)
  2. rootになれるユーザを管理者のみにする(CentOS8)
  3. root宛メールを転送する(CentOS8)
  4. パッケージ管理システム設定(CentOS8)
  5. SELinuxの無効化&ファイアウォール停止(CentOS8)

リポジトリの追加

  1. yum用リポジトリ追加(CentOS8)

SSHサーバー構築

  1. SSHサーバー、鍵方式によるログイン(CentOS8)
  2. WindowsからSSHサーバーへリモート接続(TeraTerm鍵方式ログイン編)(CentOS8)

サーバー公開前のセキュリティ強化

  1. rootkit検知ツール導入(RKHunter)(CentOS8)
  2. アンチウィルスソフト導入(Clam AntiVirus)(CentOS8)

システム時刻を自動的に合わせる

  1. NTPサーバー構築(chrony)(CentOS8)

LAN内クライアントマシンへIPアドレスを自動で割当てる

  1. DHCPサーバー構築(dhcp)(CentOS8)

内部からドメイン名でサーバーにアクセスできるようにする

  1. DNSサーバー構築(BIND)(CentOS8)