自宅サーバー2号機、CentOS7で復活

自宅サーバー2号機に、FreeNASを導入して使っていましたが、起動用USBメモリーが数ヶ月で故障し、再起動したら立ち上がらなくなった。再導入を諦めて停止中でした。

その、2号機のUSBメモリーを取り外して、記事の検証のため、CentoOS7を RARD1で 最小限インストールしました。

今日行ったのは以下です。

  • 一般ユーザー追加・削除・パスワード変更
  • rootになれるユーザを管理者のみにする
  • root宛メールを転送する
  • パッケージ管理システム設定
  • SELinuxの無効化&ファイアウォール停止
  • Sudoを設定する
  • nkfコマンドインストール
  • yum用リポジトリ追加
  • SSHサーバー、鍵方式によるログイン
  • WindowsからSSHサーバーへリモート接続(TeraTerm鍵方式ログイン編)
  • rootkit検知ツール導入(RKHunter)
  • アンチウィルスソフト導入(Clam AntiVirus)
  • ファイアウォール構築
  • システム時刻を自動的に合わせる
  • NTPサーバー構築(chrony)

記録のために書いておきます。

ハイエンドPCにスマホOS「Android」をインストールしてベンチマークをやってみた結果。

Linuxに詳しい人からすれば「何を今更。」と思われるかもしれませんが、本当にごく最近、スマホOSでシェアNo1の「Android」を、普通のデスクトップPCにインストール出来るということを知りました。
そこでふと思うことが「Core i9 9900Kに、RTX 2080 Ti、こんなスペックでスマホOSを動かしたら性能がヤバイのではないか?」と。
というわけで、本日の動画はハイエンドPCにAndroid OSを入れて、スマホ用ベンチマークやアプリを動かしてみる実験になります。

すだちWiki(MediaWiki)修正中

連休ですが体調が悪くて出かけられないので、「すだちWiki」(MediaWiki使用)を、点検していたら不具合を多数発見し次修正しています。体調が悪いのでのんびりと負担にならないように修正しています。
今まで使えていたテンプレートの表示が変わり使えなくなった。MediaWikiをバージョンアップした際に、スキンのアップデートによる影響と思われる。他にの沢山あるが、見つけ次第修正するしか無い。
MediaWikiに関する日本語による情報がすくなく、「Wikipedia」を参考にすることが多く、初期開設時に設定を、同じにすればよかったと思うときがあります。テンプレートの移植時に特に感じます。
「すだちWiki」は、設定で、最初の文字を大文字に変換しない設定にしていますが、それが多大に影響しています。今、変更すると画像が読めなくなったりと、多数のページが影響を受けるので変更は難しいです。修正するページが多すぎます。

東芝 Dynabook R63 改造シリーズ Vol 4 キーボード交換編 PORTEGE Z30 B 分解 ノートパソコン

※注意※
動画で行っている行為はメーカー保証を受けられなくなる他、故障のリスクも高くなる行為です。
自己責任の上で行っていますので、この動画の真似などをして思い通りにいかなくても一切の責任は持てませんので一応ここに記しておきます。
皆様、自己責任でパソコンいじり楽しみましょう。

今回はWordpressでブログ構築する際のカテゴリー・メニュー・ウィジェットの設定について詳しく紹介しています。 (テンプレートはフリーのCocoonを使用しています)

1 2