「空と君のあいだに/中島みゆき」をカバー 音大生が本気でJ-POPを演奏してみた! Miyuki NAKAJIMA – Between the sky and you

★無料ファンクラブ受付中です★
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

公式サイトからメールアドレスをご登録いただくと、新しい動画の公開やコンサートなどの情報を無料でお届けします。ぜひ下記の公式サイトよりご登録ください(^-^) ⇒https://jpopclassic.com/

<J-POP CLASSIC CLUB TOKYO 公式SNS>

●X(旧Twitter)→@jpopclassic  →  / jpopclassic  
●Instagram→@jpopclassic  →  / jpopclassic  
●TikTok→@tiktokjpopclassic   / tiktokjpopclassic  

今回はいよいよ中島みゆきさんの曲です。この曲は1994年発売。名子役の安達祐実さんが主演のドラマ「家なき子」の主題歌です。最高視聴率37.2%。「同情するなら金をくれ!」の台詞が新語・流行語大賞になるなど社会現象を引き起こしました。ドラマの内容は今では放送できないといわれるほど過酷な内容で、たくましく生きる主人公の少女とともに行動する犬の目線で書かれています。
ボーカルは「異邦人」に続いて、ますますPOPSの表現に磨きがかかってきたMayuko。サブボーカルにyuri音、完璧な字ハモででボーカルを支えます。「かもめが翔んだ日」ではとくに高音部の弦楽器のキュルキュルを聞いていただきましたが、今回は低音部のヴィオラ、チェロ、コントラバスのズーンとした音圧を、そして、コーラスをお聞きください。

「J-POP CLASSIC CLUB TOKYO」は、東京音楽大学に学ぶピアノ、声楽、弦楽器、作曲の各専攻の学生有志が集まって結成された楽団です。
きっかけは、コロナ禍で開催された学園祭、準備期間わずか1カ月でミュージカル「マンマミーア」を学内で演奏して満席、大好評を得たこと。
気を良くしたメンバーが、次に挑戦したのがJ-POP。
親世代が青春時代、夢中で聞いていた曲たちは時を超え、素敵なメロディとして私たちの心をとらえます。まだJ-POPの名称がなく、歌謡曲、ニューミュージックなどと呼ばれていた頃の大ヒット曲を、オーケストラに編曲して演奏します。
中高年の人には懐かしく、若者には新鮮な名曲の数々を、リスペクトの気持ちを込めて演奏します。小さい頃からクラシックを学んできましたが、実はPOPSも大好きです。今回もPOPSの表現方法を学びながら演奏してみました。

中島みゆき
「空と君のあいだに」
作詞・作曲:中島みゆき
英訳:松本規人

コメントを残す